眼精疲労には、以下のような原因があります。 ・目の使い過ぎ ・ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります) などです。 まず、目の使いすぎについて説明します。 当たり前のことではありますが、目は使えは使うほど疲れるだと言えるはずです。 現代社会は、パソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどがメーカーとして有名ですね)やスマートフォンなどが普及したことにより、目を使用する機会が非常に増えてきています。 そのため、目の使いすぎによる眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)を訴える人が昔よりも増えているのですね。 パソコンやスマートフォン(パソコンのサイトをみられるのが魅力ですね)を長時間使う場合やテレビを長時間見る場合などは、特に注意が必要です。 定期的に遠くを見るなどして、できるだけ目が疲れるのを防ぐようにしてください。 次に、ストレスについてですが、ストレスは万病の元だといえるでしょう。 ストレスが原因で、イライラしたり、夜なかなか寝付けなかったり、食欲が湧かなかったり、高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)になったりと、身体の至るところに様々な不快な症状を引き起こすことがあるでしょう。 それらの不快な症状の一つとして、眼精疲労が起こることがあります。 日常的に、できる限りストレスを溜めないようにすることが大切ですー